妊娠36週目のプレパパがやったこと・妻に喜んでもらったこと

ついに妊娠36週目。

赤ちゃんも肺が出来て、生まれる準備が整いつつある時期です。

プレパパが妊娠36週目妻をサポート

妻が頑張っているこの時期に、プレパパとして何ができるか、何をしたら喜ばれたかをご紹介します。

入院セットと陣痛セットを用意

正期産まであと1週間です。この時期は何が起こってもおかしくありません。

なので入院セットと陣痛セットを分かて準備します。

入院セットは、予定日近くになった時の病院生活用の準備。

陣痛セットは、予想より早く陣痛が来たときの準備。

最初からバッグに詰めておいた方が良いですし、どちらが入院セットか陣痛セットかわかるようにしておいた方が絶対良いです。

妻が動けない場合にプレパパ夫がすぐ持っていけるようにしておきましょう。

家事のフォロー全般

家事全般のフォローはしっかり行っています。

掃除や料理、宅配物の受け取り、洗濯は率先して行っています。

栄養管理と食事でストレス解消

36週目になると、いよいよお腹の中の赤ちゃんも2000g中盤に差し掛かりました。

つねに赤ちゃんに栄養を送り続ける妻も、全身から赤ちゃんに栄養を送っているので、栄養不足なのか、肌の具合や髪の毛の質も変わってきたりしている気もしました。外に出る機会も少ないのでそれも影響しているのかも。

そんな時だからこそ、栄養管理と、妻の好物で元気になってもらいたい!

フルーツやスムージージュースでビタミン摂取

妻が栄養不足になりがちなこの時期、ビタミン不足は注意です。

毎日いずれかのフルーツを取ってもらう、バナナやリンゴ、みかんを食べやすい大きさにカットして食卓に出しています。

またミキサーがあるのでスムージジュースが重宝しています。

脂身の少ない肉で本格焼肉

妻の好きな食べ物は焼肉!

去年は毎月のように焼き肉屋に行ってカルビやらハラミを食べていましたが、外出の機会も減ったので、今は行けてません。

それじゃ家で本格的に焼肉するにはどうすれば、、、

そこで精肉店の活用と赤身肉です。

町の精肉店では、スーパーと違って、希少な肉の部位が売っています。

おすすめは心臓のハツと、すね肉の俵ちまきです。

どちらも90%以上赤身で、少し付いている油も旨味があって美味しいです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA