妊娠28週目にプレパパ夫がやったこと

妊娠28週目にプレパパ夫がやったことをご紹介

妊娠28週目は、ついに妊娠後期に突入する時期です。

妊娠28週目に入ると、平均体重が1200グラム(※)になり、ママの方も赤ちゃんの動きや胎動をよく感じるようになってきました。

正期産に入る37週目まであと少し。

最後までママのサポートをやり遂げ、二人でかわいい我が子を迎えたいです。

そこで僕が28週目にやったこと、妻に喜んでもらったことをご紹介します。

※出典:超音波胎児計測の標準化と日本人の基準値(日本超音波医学会/平成15年)

一緒に禁酒

妊娠中の女性はアルコールが厳禁です。

お酒が好きな女性にとっては、いきなりの断酒はきついですよね。

その隣で夫である自分だけがお酒を飲んでいると、空気が読めてない、、、となるのは自然のことです。

また妊娠中は何があるか分からないため、いつでも妻を病院へ運んでいけるように、アルコールを控えておくことも考えると、一緒に断酒するのが良いです!

そこで対策として、炭酸水とノンアルコールビールの登場です。これが本当に効きました。

炭酸水は清涼感があって、ノンアルビールは味が薄いですが、慣れてくるとビールを飲んだような満足感がでてきます。

慣れって恐ろしいですね笑

禁酒の効果

後日談ですが、禁酒の効果が一か月ほどすると出てきました。具体的には以下の通りです。

  • お腹周りの肉がとれる
  • 顔が引き締まる
  • 朝起きるのが辛くなくなる

妻と一緒に禁酒をすると良いことの方が多いです!

ご褒美の赤身焼肉

妊娠中の妻は、脂身が苦手になっていきました。

食事も豆腐や納豆、魚、野菜といったヘルシーなものに変わっていきました。

でもやっぱり肉が食べたい、、、笑

肉は食べたいけど、脂身は気持ち悪くなるかも。

そこでピッタリの牛肉の部位を見つけました!

妊娠中におすすめの焼肉の部位

妊娠中におすすめの焼肉の部位は、「ハツ」と「俵ちまき」と「タン」です。

ハツは心臓で、俵ちまきはスネ肉、タンは舌です。

特にハツはおすすめで、100グラムあたりが200円台後半とリーズナブルでした。

世界一幸せの洗濯

世界一幸せの洗濯とは、赤ちゃん服の水通しのことです。

赤ちゃん服には、しわが付かないように、ホルムアルデヒドという薬品が使われています。

ホルムアルデヒドとは、水素や炭素、酸素から構成される有機化合物の一種で、子供服にも大人の洋服にも使われています。

そのホルムアルデヒドを落とす、水通しが、赤ちゃんを迎える洗濯ということで、世界一幸せの洗濯と言われています。

妊娠28週になると、身体を前に倒すこともしんどくなってきたようで、洗濯槽の中から洗濯物を取り出すのも一苦労です。

そこで水通しを代わりにすると、とても喜んでくれました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA